So-net無料ブログ作成
検索選択
腕時計 ブログトップ

腕時計コレクション⑥ XYZ(ALBA) ・ [腕時計]

セイコー第5弾。
XYZ。インターネットだけで販売されているブランド
今まで時計は実際にものを見せないと売れない。店頭でないと売れない。と言われてきたが、このブランドを立ち上げて、インターネットのみでの販売と言うチャレンジをした。そんなブランド。

D-04 Basel Limited Edition

欲しいモデル(D-01 Hoshina's Limited)が今まであったが、もう完売してしまっていた。そんな中、私のイメージにあったモデルが発売されたので、飛びついて買ってしまった。そんな時計。
見にくいんじゃないの?と言う人も多いが、逆に言うとそれだけ人に興味をもたせる時計。デジタル表示は子供っぽい印象を与えるような気が個人的にはするが、この時計は大人っぽさを感じさせてくれる。

XYZのホームページ
http://xyz.w-wired.com/index.html


nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(1) 
共通テーマ:ファッション

腕時計コレクション⑤ WIRED(ALBA) ・PIKE [腕時計]

セイコー第4弾。
アルバと言うよりも、最近は「WIRED」と言うブランドの方が知っている人多いかもしれない。


PROJECT WIRED

1999年8月。それは始まった。

セイコーの長い歴史の中で、数多くのヒット商品を生み出してきた
カリスマ企画者・カリスマデザイナー
そして若手ながらも先鋭的なデザインで定評のあるデザイナー。
今までは全く別々に活動をしていた彼らが1つのチームになった。

たった1つの商品に全ての力を集結させるために・・・。

まさにセイコーグループの
「モノ作りのエキスパート集団」がここに生まれた。
1999.08 セイコー株式会社にWIREDプロジェクトチーム発足。

約300日間の試行錯誤ののち、
セイコーの持つ最高の技術力と、
プロジェクトメンバーの持つプロとしての能力が、
一つの最高傑作を生みだした・・・。

WIRED。2000年6月15日。
構想から10ヶ月。今、日本から世界へ向けて・・・。

~セイコーウォッチ株式会社 WIRED ホームページより


プロジェクトの発足から6年、時計が出来て5年。プロジェクトは1度だけでなく、今でも続いており、コレクションと表される。今年2005年までの販売コレクションは11を数える。
最近はデザインも統一感が出てきて、目を見張るようなデザインのものは多く見られなくなったが、個人的には優れたデザインのものを多く排出していると感じている。
自分も欲しいなぁ。と思っているがなかなか手にする機会がなかったのだが、ホームページを見ながら、これが売っていれば買うかなぁ。って思っていたところ、たまたま自分の誕生日が近く、まぁ、いいだろう。と思って買ったのがこれ。

WIRED 9th Collection PIKE

WIREDコレクションの中でも、PIKEと言うのは頂点のシリーズのようです。PIKEのシリーズは「起・承・転・結」の4回の構想で作り出されてきている。その中の第3弾「転」シリーズのもの。
私は小柄で、手も小さいので、私にはちょっと大きすぎるような感じもあるが、ベース素材はチタンと言うこともあり、軽い。私は電池交換の必要な時計はあまり好きではないのだが…、このデザインを気に入り買った。ネイビーがベースの文字盤に目立たないけれどもアクセントとなっているシルバーの小さな文字盤。今までのシンプルな文字盤のものとは離れているかな…。
濃い色や青色のシャツにも合いますし、白いシャツに青系のネクタイをするときにも合うかなぁ。プライベートタイムの時計としてもいい感じだと思います。

WIREDのホームページ
http://www.w-wired.com/index.html


nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ファッション

腕時計コレクション④ ALBA(ROOX) ・ソーラー・チタン・多針カレンダー [腕時計]

セイコー第3弾。
アルバと言えば、アルバと言うメーカーが作っているものだ。と思っていたのだが、実は違うことがこれを買ってはじめて分かった。「ALBA」とは「セイコーウォッチ」のブランド名のひとつ。例えば、紳士服もそうで、私が好きな「五大陸」と言うブランド名はオンワード樫山がメーカー名で、他にも紳士服であれば、「J.PRESS」と言うブランドもある。
今でこそ、「ALBA」と大きく書かれた時計は少なく、今は大きく分けて2+1、「WIRED」と「ROOX」+インターネット限定販売の「XYZ」と言う3シリーズに分かれている。
シリーズものが表に出てくる以前のALBAの時計がこれ。実は「ROOX」ブランド…。

黒い文字盤にメインの時刻を指す針の他に、日付と曜日と24時間計がついている。日にちだけでなく曜日も分かるところに惹かれた。もちろん、チタンを使っているので軽く、また、ソーラー発電の文字盤を使用しているので電池切れの心配もほとんどない。
この時計はそれらの利点があるため、ビジネスの場だけでなく、プライベートなときの利用も多い。最近、海外に行ったときは、この時計をして行った。
白のシャツにも合うし、あまり腕時計自身を目立たせたくないときに、この時計を身に付けます。おとなしい印象の時計です。でも、実用性はナンバーワン。価格も安く、コストパフォーマンスは高いと思います。
購入価格は20,000円+消費税ぐらいだったと思います。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ファッション

腕時計コレクション③ セイコー・クロノグラフ・SUS [腕時計]

セイコー第2弾。
一昔前はセイコーブランドもたくさんありました。(今もありますが…。)比較的安いのから。今のセイコーブランドはちょっとお高めです。
赤の文字盤の時計だけじゃ。少し物足りないかな。と思って、買ったのがこれ。

白い文字盤でク青色をアクセントとしたさわやかな感じ。しかも文字盤の周りが薄いのがお気に入りです。白をベースとした服装の時に好んで身につけます。おめでたいときなんかにはいいと思います。1種類しかないけれど、白と水色の組み合わせのネクタイなんかの時にね。
ステンレスなのでちょっと重いです。でも、頑丈そうでしょ。
これはちょっと値段を覚えていません。2万円+消費税以上は払っていないと思います。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ファッション

腕時計コレクション② セイコー・キネテック [腕時計]

私の国産メーカー好きですが…、どちらかというとセイコーの方が好き。シチズンカシオと言ったメーカーの方が機能的には色々あって、興味を惹くものが多い。
しかし、AGSとはじめ呼ばれていたクォーツなのに電池交換不要のキネテックと呼ばれるシステムが出来てから、一気にセイコーのファンになってしまった。

キネテックとは時計本体が動かされるたびに時計の中にある回転錘が回転。これによりコイルと合わせて、電流が作り出される。これを電池に貯めて、この蓄えられれた電気エネルギーにより電池が動くと言うことになる。
ゼンマイによる自動巻と同じような音がするが、機能的には全く違う。
この機能をもった時計が欲しくて欲しくてしょうがなかった。私にしてはお値段も結構高い。
就職して1年目の冬のボーナスを前にして、買ったのが上の画像の時計。赤い文字盤もお気に入り。定価は4万5000円だが、3割引で3万1500円だった。
一度、調子がおかしくなり、メンテナンスに出したが、その後は順調に動き続けてくれている。大事な時計。
赤系のシャツだけでなく、白や青のシャツに赤系のネクタイをつけるときにはこの時計をしています。私の密かなお洒落です。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ファッション

腕時計コレクション① シチズン・エコドライブ [腕時計]

私は国産メーカー腕時計が好きです。
就職したときは、学生の延長でGショックをしていましたが、会社に入って1年目の夏頃かな。ボーナスが出た頃、腕時計を自分で買いました。周りのみんなはオメガのスピードマスターやシーマスターを買っていましたね。ロレックスはいなかったかな。
最初に買った時計はまた次の機会に…。

これは就職して1年目の冬に作業所勤務になったときに、作業所用(傷がついても平気)で買った時計です。当時、定価から3割引の腕時計のお店を見つけて、度々見に行っていました。
シチズンのエコドライブ。その当時8,000円ぐらいで購入したと思います。デジタル表示ではなくアナログ表示のソーラーパワー時計(昔の表現です)。
今でもシチズンではエコドライブという表現が使用されていますね。
薄くて軽いです。作業所でもその能力をいかんなく発揮してくれました。今でもたまに使っています。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ファッション
腕時計 ブログトップ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。