So-net無料ブログ作成

WCCF2004-200 5バージョン1.0・50枚連続で空けたら~。 [WCCF]

WCCF。50枚連続で開封するとどうなるか?
キラがなかったり…。
ショックなことが一つ…。店に監督カード忘れてきた…。
C+評価で、次はAクラスになっただろうに…。ショック。ショック。ショック。

と言うことで、出てきたカードは

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム

WCCF2004-2005バージョン1.0・6日目  [WCCF]

昨日に引き続き、6日目のWCCF。
5ゲーム。やはりレアカードなし…。
チームの連携が上がると、まぁ勝てるようになってきますが…。
デビジョン1でやっと1勝。対CPUでしたが、かなりうれしかったです。
出てきたカードは

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム

WCCF2004-2005バージョン1.0・5日目  [WCCF]

昨日に引き続き、5日目のWCCF。
10ゲーム。やはりレアカードなし…。
チームの連携が上がると、まぁ勝てるようになってきますが…。
デビジョン1ではなかなか勝てません。
出てきたカードは

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム

WCCF2004-2005バージョン1.0・4日目 [WCCF]

昨日に引き続き、4日目のWCCF。
20ゲーム。やはりレアカードなし…。
チームの連携も上がり、だいぶ勝てるようになってきました。ただ、取りこぼしも…。
出てきたカードは

続きを読む


nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム

WCCF2004-2005バージョン1.0・3日目   [WCCF]

先週の土曜日に引き続き、3回目のWCCF。
10ゲーム。やはりレアカードなし…。
チームの連携も上がり、だいぶ勝てるようになってきました。
出てきたカードは

黒 FW ルート・ファン・ニステルローイ(マンチェスター・ユナイテッド)合計値92、自在のギャロップ、064
黒 GK ビクトル・バルデス(FCバルセロナ)合計値80、ダイレクト・ロングフィード、177
白 DF マヌエル・パブロ・ガルシア(デポルティボ)合計値85、ワンツーからの再度突破、197
白 DF アンドレ・オーイエル(PSVアイントホーフェン)合計値79、バックミラー、102
黒 DF ロベルト・アジャラ(バレンシア)合計値89、狡猾至極の守備戦術、210
白 FW サロモン・カルー(フェイエノールト)合計値80、エリア内での勝負強さ、094
白 DF ハテム・トラベルシ(アヤックス)合計値83、ダウンザライン、070
白 GK ロイ・キャロル(マンチェスター・ユナイテッド)合計値67、冷静なセービング、049
黒 FW ミゲル・アンヘル・ミスタ(バレンシア)合計値82、イメージ・シンクロ、224
白 DF マッテオ・フェラーリ(ASローマ)合計値82、ブロッキング・ロック、165

今回はオーイエルがダブりでした。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム

WCCF2004-2005バージョン1.0・2日目 [WCCF]

本当に久しぶり。夏に1回やった以来の2回目をしました。
10ゲーム。やはりレアカードはナシ…。
それにしても…、連携があがらないと全然ダメですね。シュートも満足に打てない。
出てきたカードは

白 MF エムレ・ベロゾグル(インテル)合計値86、展開を読む力、121
白 FW ダンコ・ラゾビッチ(フェイエノールト)合計値76、鮮やかな切り返し、096
白 MF オリビエ・ダクール(ASローマ)合計値84、ダイレクトプレー、168
白 DF ガエル・クリシー(アーセナル)合計値80、精神的強さ、003
白 MF トーマス・ブッフェル(フェイエノールト)合計値80、巧みなファーストタッチ、088
黒 DF ソル・キャンベル(アーセナル)合計値88、不敗のフィジカルコンタクト、002
白 GK ホセ・フランシスコ・モリーナ(ディポルティボ)合計値72、最後の砦、193
白 DF エンリケ・ロメロ(ディポルティボ)合計値80、ウィンガーの天敵、198
黒 FW ワルテル・バンディアーニ(ディポルティボ)合計値82、ダイビングヘッド、207
黒 MF エジミウソン(バルセロナ)合計値86、チレーナ、185

前回からも含めて、ダブりカードは…。
クリシー、ブッフェル、モリーナの3人でした。
レアカードが欲しい。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム

WCCF2004-2005バージョン1.0 [WCCF]

久しぶりにWCCFをした。
私がサッカーに興味を持ち始めたのも、このゲームを始めたのがきっかけ。
今年のゴールデンウィークにイタリアにセリエAを見に行くようになったのも、通称WCCF(WOLRD CLUB Chanpion Football)に出会ったからこそ。
私が始めた頃は2002-2003年度版のヴァージョン1.0だったが、今回したのは2004-2005年度版になっていた。今まではイタリアセリエAのチームだけだったが、2004-2005年度版からはイングランド、プレミアシップから4チーム、イタリアセリエAから4チーム、スペイン、リーガ・エスパニョーラから3チーム、オランダ、エールディビジから3チーム。合計14チーム。2003-2004年シーズンの各リーグの上位チーム。
そう言われれば、納得できるのだが、リーガ4位だったレアル・マドリーがなかったのが寂しかった。フィーゴのカードが欲しかったなぁ…。
バージョン3.0は初めてだったので、スターターパックを購入。クラブチームカードがお洒落になっていた。

スターティングカード

GK ホセ・フランシスコ・モリーナ(ディポルティボ)193
DF ガエル・クリシー(アーセナル)003
DF フィル・ネビル(マンチェスター・ユナイテッド)054
DF アンドレ・オーイエル(PSVアイントホーフェン)102
DF エミリアーノ・モレッティ(バレンシア)214
MF エドゥ(アーセナル)008
MF スティーブン・ウォーノック(リバプール)044
MF トーマス・ブッフェル(フェイエノールト)088
FW ルイス・ガルシア(リバプール)048
FW イオアニス・アナスタシウ(アヤックス)077
FW ペドロ・ム二ティス(ディポルティボ)206

このメンバーでいいなぁ。と感じたのはFWのルイス・ガルシア、MFのエドゥ、トーマス・ブッフェル。

でしたが、これらのカードは置いておいて、2002-2003年度版から使っているカードでゲームは楽しみました。全部レギュラーカード(白カード)ばかりです。監督ランクはSSに4シーズン目ぐらいにはなれます。

GK ヂダ(ミラン)
DF ニコラ・レグロッターリエ(キエーボ・ヴェローナ)
DF ネルソン・ヴィヴァス(インテル)
DF シニサ・ミハイロヴィッチ(ラツィオ)
DF クリスチャン・パヌッチ(ローマ)
DF ヴァレーリオ・ベルトット(ウディネーゼ)
MF シモーネ・ペロッタ(キエーボ・ヴェローナ)
MF マルティン・ヨルゲンセン(ウディネーゼ)
MF マレク・ヤンクロフスキ(ウディネーゼ)
MF ジュリアーノ・ジャンニケッダ(ラツィオ)
MF ダニエレ・デ・ロッシ(ローマ)
FW エンリコ・キエーザ(ラツィオ)
FW ヴァブリツィオ・ミッコリ(ペルージャ)
FW マルコ・デルヴェッキオ(ローマ)
FW カルステン・ヤンカー(ウディネーゼ)
FW オバフェミ・マルティンス(インテル)

FWのキエーザ、ミッコリ、ヤンカーは決定力は高く、サイドアタッカーのデルヴェッキオ、ヨルゲンセン、ヤンクロフスキ、中盤のダブルボランチ、ペロッタ、ジャンニケッダ。ディフェンダーのセンターバックには、ミハイロヴィッチとレグロッターリエを中心に、サイドもセンターも出来るパヌッチ、ベルトット。スピードスターの天敵ヴィヴァス。とかなり気に入っているチームです。マルティンスがちょっと機能していないのが気にかかりますが…。

あまりする気はなかったのですが、やり始めるとレアカード(通称キラカード)が欲しくなる。やっぱりやり過ぎてしまいました…。結局、キラカードは出なかったし。出てきたカードは

黒 DF ネスタ(A.C.ミラン)合計値:91、バイタルエリアの番人、149
黒 MF デヤン・スタンコビッチ(インテル)合計値:90、機動力あふれるチャンスメイク、122
白 DF ナイジェル・デ・ヨング(アヤックス)合計値:82、エースキラー、066
白 MF マクスウェル(アヤックス)合計値82、積極果敢な攻撃参加、072
白 DF コロ・トゥーレ(アーセナル)合計値86、スピードスターの天敵、007
黒 FW エルナン・クレスポ(A.C.ミラン)合計値87、瞬間のイマジネーション、156
白 DF アメデオ・カルボーニ(バレンシア)合計値79、鉄人、211
黒 MF フィリップ・コク(PSVアイントホーフェン)合計値87、ミスター・ユーティリティ、103
白 MF ジョー・コール(チェルシー)合計値76、天性のチャンスメーカー、023
黒 MF クリスティアーノ・ロナウド(マンチェスター・ユナイテッド)合計値85、ファンタスティック・ドリブル、059
白 DF オレゲール・プレサス(FCバルセロナ)合計値78、懸命なブロッキング、180
黒 FW サミュエル・エトー(FCバルセロナ)合計値93、ライン・ブレーカー、189
白 DF レアンドロ・クフレ(ASローマ)合計値79、柔軟な守備戦術、163
白 DF アレックス(PSVアイントホーフェン)合計値84、強烈なロングシュート、098
黒 FW アントニオ・カッサーノ(ASローマ)合計値84、天才的なマッチアップ、173
白 FW ヨン・デ・ヨング(PSVアイントホーフェン)合計値78、天性のフリーマン、109
黒 GK ペトル・ツェホ(チェルシー)合計値82、隙のない安定感、017
白 DF チーロ・フェラーラ(ユベントス)合計値74、崇高なるプロ意識、132
白 MF ビクトル・サンチェス(ディポルティボ)合計値86、高い戦術意識、204
白 DF パトリック・ムティリガ(フェイエノールト)合計値78、卓越したフィードセンス、083
黒 MF ヨハン・フォーゲル(PSVアイントホーフェン)合計値81、鉄の精神、107
白 DF ベレッチ(FCバルセロナ)合計値87、サイドストッパー、178
黒 MF ビセンテ・ロドリゲス(バレンシア)合計値91、翻弄するステップ、219
白 DF スティーブ・フィナン(リバプール)合計値77、精力的なフリーランニング、035
黒 DF ヤープ・スタム(A.C.ミラン)合計値88、浮沈要塞、150
白 FW ヨハン・フォンランテン(PSVアイントホーフェン)合計値73、天性のリズム、112
白 FW エイドゥル・グジョンセン(チェルシー)合計値86、果敢な飛び込み、031
白 MF ステファーノ・フィオーレ(バレンシア)合計値84、鋭敏なカットイン、217
黒 MF バルト・ホール(フェイエノールト)合計値81、サイドのゲームメーカー、091
白 DF パトリック・ムティリガ
黒 MF フレドリク・リュングベリ(アーセナル)合計値90、縦横無尽のプレー、011
白 FW マルコ・ディバイオ(バレンシア)合計値85、ムービングストライカー、223
白 MF マンシーニ(ASローマ)合計値84、低弾道クロス、171
白 DF ステファン・アンショズ(リバプール)合計値74、強力なフィジカルコンタクト、036

ダブりカードはムティリガだけでした。まぁ、初めてやったしね。
白カードでいいゴールキーパーが見つかれば、いいのですが…。白カードのMFの選手が少し難しいかもしれませんね。パワーとスピード、攻撃力、スタミナと必要ですから。
ゲームの方はリーグ戦のディビジョン2は簡単に優勝しましたが、ディビジョン1はCPU結構強いですね。マンUに1-3で負けました。トーナメントも1回戦は勝つのですが、準決勝で勝てる試合を落としたりとちょっと辛かったですね。
そんな久しぶりのWCCFでした。


nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(1) 
共通テーマ:ゲーム
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。