So-net無料ブログ作成
検索選択

試合の少ない9月。EWET 15-16 9月 フェイエノールト [EWET]

EUROPEAN CLUB SOCCER Winning Eleven Tacticsヨーロピアンクラブサッカーウイニングイレブンタクティクス公式ガイドコンプリートエディション
EUROPEAN CLUB SOCCER Winning Eleven Tactics ヨーロピアンクラブサッカーウイニングイレブンタクティクス公式ガイドコンプリートエディション

15-16シーズン フェイエノールト 9月

9月1日 コーチ交代 新コーチ J・フェン・ベイルー(オランダ)戦術指導6・体調管理5・メンタルケア4・練習効率7・スピード練習・ストレッチ指導
9月1日 契約更新 CF ブッフェル・34歳 3億1500万・2年契約

9月4日 コンバート報告 アトゥバがCBの役割を上手くこなせるようになった。
9月4日 ロベルトカルロスが練習中に怪我。足関節捻挫で治療期間1週間。
9月5日 コンバート報告 デッカーがRSBの役割を上手くこなせるようになった。

9月6日 エールディビジ 第6節 対デ・フラーフシャップ(アウェイ
2-0 -2位 4勝1分
3分(F)コリンズ・ジョン(トッティ
69分(F)トッティ
3分、センターサークルを越えたところからメンディエタが前線にフワリと浮かせたスルーパス。これにOMFに入ったトッティが飛び出すがキーパーが上手い反応で間一髪のところでパンチング。しかし、このこぼれ球をコリンズ・ジョンがきっちりと決めて、1-0先制。69分、左サイド、キエーザから中央のメンディエタへ。メンディエタが前線中央へスルーパス。これを受けたトッティがゴール右隅に決めて、2-0。突き放す。ほとんど危ないシーン無く、試合終了。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム

まぁまぁな滑り出し。 EWET 15-16 8月 フェイエノールト [EWET]

EUROPEAN CLUB SOCCER Winning Eleven Tacticsヨーロピアンクラブサッカーウイニングイレブンタクティクス公式ガイドコンプリートエディション
EUROPEAN CLUB SOCCER Winning Eleven Tactics ヨーロピアンクラブサッカーウイニングイレブンタクティクス公式ガイドコンプリートエディション

15-16シーズン フェイエノールト 8月

8月1日 コンバート報告 ロベルトカルロスがLWF、RWFの役割を上手くこなせるようになった。

8月2日 オランダスーパーカップ 対アヤックス(ニュートラル)
1-0
4分(F)キエーザ(カフー)
システムは4-3-3モダンスタイル
前半4分、右サイドバックカフーのオーバーラップから前線のキエーザへパス。これがオフサイドトラップにかからず上手くわたり、キエーザがそのままドリブルシュート。これが決まって、1-0先制。後半、アヤックスの怒濤の攻めを何とか防ぎきり、このまま試合終了。
オランダスーパーカップ初制覇。
大会賞金1億円獲得。経営状態が少しだけよくなった。青バーが1/7ぐらいになった。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム

14-15シーズン開幕 EWET 15-16 7月 フェイエノールト [EWET]

EUROPEAN CLUB SOCCER Winning Eleven Tacticsヨーロピアンクラブサッカーウイニングイレブンタクティクス公式ガイドコンプリートエディション
EUROPEAN CLUB SOCCER Winning Eleven Tactics ヨーロピアンクラブサッカーウイニングイレブンタクティクス公式ガイドコンプリートエディション


15-16シーズン開幕 7月

オランダ、エールディビジ、フェイエノールトを引き続き率いることにしました。
秘書に選んだのはイタリア人女性のエミリーア・ピッチーニ。
コーチには若手育成の特殊スキルをもつ、J・ヨークフット(イングランド:2400万:戦術指導6、体調管理3、メンタルケア5、練習効率7)を採用。
スカウトは交渉力8を持つC・プレヴィーノ(フランス:3200万:交渉力8、仕事の速さ5、才能発掘5)、南米を得意エリアとし、才能発掘7を持つH・カバイル(アルゼンチン:3600万:交渉力5、仕事の速さ7、才能発掘7)、仕事の速さ7を持つP・ロゼレウス(スペイン:2600万:交渉力6,仕事の速さ7、才能発掘5)を選んだ。

□シーズン当初のチーム概要
人事予算 32億 給与予算 44億 現在の給与合計額39億6900万
経営状態 ほんの少し青い(青いバーが約10分の1)
優勝オッズ 1.3
チーム総合力順位 1/18 試合報酬 250WEN/試合
解任条件 3位以下

解任条件が4位以下から3位以下に厳しくなった。

6月30日選手放出
GK キリカス(移籍金2億円)→アヤックス
OMF マグロニコ(移籍金3億4000万)→バルセロナ
CF ラウール・タムード(移籍金3億6000万)→レアル・サラゴサ

7月1日選手加入
LSB ロベルト・カルロス(移籍金0フリー移籍:5年契約・2億)←アトレティコ・マドリー
OMF ネドベド(移籍金0フリー移籍:5年契約・5500万)←ユベントス
CF アンリ(移籍金0フリー移籍:2年契約・1億9000万)←アーゼガム
CF ファン・ニステルローイ(移籍金0フリー移籍:5年契約・1億5000万)←マクレスターU

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム

14-15シーズン終了 EWET 14-15 6月 フェイエノールト [EWET]

EUROPEAN CLUB SOCCER Winning Eleven Tacticsヨーロピアンクラブサッカーウイニングイレブンタクティクス公式ガイドコンプリートエディション
EUROPEAN CLUB SOCCER Winning Eleven Tactics ヨーロピアンクラブサッカーウイニングイレブンタクティクス公式ガイドコンプリートエディション


14-15シーズン フェイエノールト 6月

6月と言えば、再びコンバートの時期。頑張っています。

6月2日 コンバート報告 ペルナがLMF、RMF、LSBの役割を上手くこなせるようになった。
6月5日 コンバート報告 ポブロスキーがCMFの役割を上手くこなせるようになった。
6月6日 コンバート報告 ギー・ドゥメルがSWの役割を上手くこなせるようになった。
6月6日 コンバート報告 ポルタノヴァがDMFの役割を上手くこなせるようになった。
6月7日 自由契約 ポルタノヴァ(違約金4600万)
6月7日 トップチーム昇格 デッカー
6月7日 コンバート報告 カフーがDMFの役割を上手くこなせるようになった。
6月8日 能力アップ GKニエミが能力アップ

6月8日 6月シーズン表彰

エールディビジ各賞
得点王 コリンズ・ジョン(フェイエノールト)21得点
最優秀選手 コリンズ・ジョン(フェイエノールト)
最優秀監督 私(フェイエノールト)
ベスト11
GK ゴーメス(PSVアイントホーフェン)
CB イヴァン・コルドバ(フェイエノールト)
CB ベルマー(フェイエノールト)
SB ペドロ・ロペス(アヤックス
SMF メンディエタ(フェイエノールト)
SMF アトゥバ(フェイエノールト)
OMF レイニエ(PSVアイントホーフェン)
OMF バリー・ファン・ハーレン()
CF ブッフェル(フェイエノールト)
CF キエーザ(フェイエノールト)
CF コリンズ・ジョン(フェイエノールト)

欧州各賞
欧州得点王 アンドリュース(Oマウセウン・フランスリーグ)27得点
欧州最優秀選手 ディ・ビアッジョ(ACミラン・セリエA)
欧州最優秀監督 アンチェロッティ(ACミラン・セリエA)
ベスト11
GK ペリッツォーリ(ASローマ・セリエA)
SB ハテン・トラヘルシ(Bドルゴムクルト・ドイツリーグ)
SB マンディ(バルダンケルマン・フランスリーグ)
SB ホーグラント(ダムケ01・ドイツリーグ)
DMF ディ・ビアッジョ(ACミラン・セリエA)
SMF メンディエタ(フェイエノールト・エールディビジ)
OMF ポシュツ(アトレティコ・マドリー・リーガ)
OMF レイニエ(PSVアイントホーフェン・エールディビジ)
CF マットーリャ(Bムルテン・ドイツリーグ)
CF ベルカンプ(アーゼガム・イングランドリーグ)
CF コリンズ・ジョン(フェイエノールト・エールディビジ)

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム

3冠(欧州カップ・エールディビジ(オランダリーグ)・オランダカップ優勝) EWET 14-15シーズン 5月 フェイエノールト [EWET]

EUROPEAN CLUB SOCCER Winning Eleven Tacticsヨーロピアンクラブサッカーウイニングイレブンタクティクス公式ガイドコンプリートエディション
EUROPEAN CLUB SOCCER Winning Eleven Tactics ヨーロピアンクラブサッカーウイニングイレブンタクティクス公式ガイドコンプリートエディション


14-15シーズン フェイエノールト 5月

5月3日 エールディビジ 第30節 対ヴィレムⅡ(ホーム)
4-1 1位 勝ち点70 21勝7分2敗
7分(F)ブッフェル(ジェルソン・マグロン)
18分(F)コリンズ・ジョン(ジェルソン・マグロン)
24分(F)ジェルソン・マグロン(ブッフェル)
40分(W)ファン・スティーブ(ダ・コスタ)
68分(F)コリンズ・ジョン
前半開始早々7分、イェレミースのパスカットから、左サイドジェルソン・マグロンへ。ジェルソン・マグロンから前方中央へスルーパス。これが、OMFに入ったブッフェルにうまく渡り、フリーの状態でペナルティエリアライン手前からミドルシュート。これがゴール左隅に決まって、1-0。先制点。ゴールの余韻が残る前半18分、再び左サイドのジェルソン・マグロンが左サイドをドリブルキープ。ゴールライン奥からいったん戻り、3人を引きつけたところにゴール前中央に待っているコリンズ・ジョンへグラインダーのパス。フリーで渡り、これをダイレクトで右足に合わせ、ゴールへ突き刺さる。2-0。突き放す。2点目から6分後の前半24分、ジェルソン・マグロンが再び基点となり、中央OMFのブッフェルにグラインダーのパス。これをブッフェルはドリブルキープから、左サイドから斜めに走り込んできたジェルソン・マグロンにペナルティエリア内、ゴール前中央へスルーパス。これがうまく通り、ジェルソン・マグロンが苦手の右足でダイレクトシュート。ボールがキーパーをうまくかわして、ゴール右隅へ。3-0。前半40分、中央ダ・コスタのドリブルキープから、右方向へパス。これを受けたファン・スティーブに豪快に決められて、3-1。1点返される。後半68分、中央コリンズ・ジョンがボールカット。これを右のブッフェルにパス。これをブッフェルがワンツーで前方へ走り込んだコリンズ・ジョンへスルーパス。これがうまく通って、コリンズ・ジョンがフリーで抜け出し、そのままペナルティエリアに入ったところでシュート。これが、ゴール左隅に決まって、4-1。再び3点差。4点目を得点したところで、ブッフェルに代わりクーマンを投入。ブッフェルの位置に右ウイングのキエーザ。右ウイングにクーマン。後半76分、右SBにカフー、CMFにジェラードを投入。そして、得点動かず、終了。
2位のPSVアイントホーフェンは0-0でフィテッセに引き分ける。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム

辛勝?快勝?欧州カップ準決勝テルフィー戦 EWET 14-15シーズン 4月 フェイエノールト [EWET]

EUROPEAN CLUB SOCCER Winning Eleven Tacticsヨーロピアンクラブサッカーウイニングイレブンタクティクス公式ガイドコンプリートエディション
EUROPEAN CLUB SOCCER Winning Eleven Tactics ヨーロピアンクラブサッカーウイニングイレブンタクティクス公式ガイドコンプリートエディション


14-15シーズン フェイエノールト 4月

4月3日 トッティが左WF、右SMF、左SMFの役割を上手くこなせるようになった。

4月5日 エールディビジ 第26節 対デ・フラーフシャップ(ホーム)
3-0 1位 勝ち点61 18勝7分1敗
14分(F)コリンズ・ジョン(ジェルソン・マグロン)
60分(F)ジェルソン・マグロン(キエーザ)
64分(F)キエーザ(FK)
前半14分、左からのジェルソン・マグロンのコーナーキック、これをコリンズ・ジョンが頭で決めて、1-0先制。後半60分、右サイドのキエーザのドリブル突破から中央へセンタリング。これを、ジェルソン・マグロンがフリーで飛び込み、ヘディングシュートを決める。2-0。後半64分、キエーザがドリブル突破を計り、ファールで止められる。ゴール前右15度ぐらい。距離23mから、キエーザのフリーキック。これを直接、見事に決めて、3点目。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム

リーグはイマイチ? EWET 14-15シーズン 3月 フェイエノールト [EWET]

14-15シーズン フェイエノールト 3月

3月1日 エールディビジ 第21節 対ローダJC(アウェイ
1-0 1位 勝ち点50 15勝5分1敗
43分(F)コリンズ・ジョン
前半終了間際の43分、右コーナーキックから相手ディフェンダーとコリンズ・ジョンが頭で競うが負ける。しかし、このボールが真下に落ち、これに素早く反応したコリンズ・ジョンがドリブルキープ。そして、振り向きざまに強烈な左足でのシュート。これがボール右隅に決まって、1-0先制。後半は相手5バックとオールプレスに手をやき、チャンスを作れず終了。

3月2日 コンバート報告 キエーザがSWの役割を上手くこなせるようになった。
3月3日 コンバート報告 カステレンがOMFの役割を上手くこなせるようになった。
3月3日 選手慰労

3月5日 欧州カップ 決勝トーナメント 準々決勝 第1戦 対FCトゥエンテ(ホーム)
4-3
17分(T)レドナップ(ルベン・オリベラ)
25分(FEY)キエーザ
54分(FEY)ジェルソン・マグロン
63分(T)ファフィアニ
73分(FEY)ミシモビッチ(ジェルソン・マグロン)
77分(T)フェルテン(ヤコブス)
82分(FEY)キエーザ
VIP観戦…。嫌な予感。
前半17分、中央のルベン・オリベラから右へグラインダーのパス。これをレドナップが受けて、シュート。キーパーが体にあてるがゴールに吸い込まれて、0-1先制される。前半25分、キエーザが抜け出し、ドリブルシュート、1度はキーパーに止められるが、そのこぼれ球を角度のないところから再びシュート。これを決めて、1-1同点。後半開始早々54分、キエーザからパスを受けたコリンズ・ジョンがディフェンダー3人を引き摺りながらドリブル。ペナルティエリア手前で左側にパスを流す。そこにジェルソン・マグロンが走り込み、ダイレクトでシュート。これが決まって、2-1逆転。
後半63分、フリーキックから相手フォワード、フェルテンが頭でシュートするが、イヴァン・コルドバが何とかクリア。しかし、このこぼれ球が相手MFのファフィアニの前に転がり、そのままシュート。これを決められて、2-2同点。後半72分、相手チームの司令塔、レドナップがレッドカードをもらって退場。後半73分、右サイドからのスローイング。ジェルソン・マグロンがこれを受けて中央へセンタリング。これに途中交代のミシモビッチが頭で合わせてゴール。3-2再び突き放す。後半77分、相手FWヤコブスのドリブルキープから中央へパス。これをフェルテンに頭で決められて、再び失点。3-3の同点…、イヴァン・コルドバに代わって入ったポブロフスキーがイマイチ。ミシモビッチから中央のキエーザにパス。キエーザがそのままドリブルで抜け出してペナルティエリア内に入ったところで、シュート。これが決まって、4-3。最後は何とか守りきり、このまま終了。
VIP観戦での勝利。追加の人事資金1億6000万円獲得…。赤バーが再び半分近くまで。

3月7日 コンバート報告 イヴァン・コルドバがOMFの役割を上手くこなせるようになった。

3月8日 エールディビジ 第22節 対ヘーレンフェーン(ホーム)
2-0 1位 勝ち点53 16勝5分1敗
2分(F)キエーザ(メンディエタ)
27分(F)ブッフェル(ベルマー)
前半開始早々2分、メンディエタから左サイドのジェルソン・マグロンへパス。これをドリブルで突破して、再びメンディエタへ。トラップして、アウトサイドで右サイドへグラインダーのパスを送る。ここへフリーのキエーザ。キエーザがダイレクトでシュート。左隅に突き刺さり、1-0先制。
前半27分、ベルマーのオーバーラップ、左サイドをドリブル、そして中央へグラインダーのパス。これを受けたブッフェルがアウトサイドでシュート。これが決まって、2-0。後半は一進一退の攻防を重ねるが得点シーンなく終了。

3月9日 契約更新 WF カステレン 2年契約 年俸2億1000万
3月9日 コンバート報告 カフーが右WF、左WFの役割を上手くこなせるようになった。
3月10日 コンバート報告 ロタンが右SB、左SBの役割を上手くこなせるようになった。

3月11日 オランダカップ 準決勝 対ヘーレンフェーン(ニュートラル)
3-0
10分(F)キエーザ(ミシモビッチ)
27分(F)キエーザ
83分(F)メンディエタ
前半10分、ミシモビッチが中央でドリブルキープ。そこから前線へフワリと浮かせたスルーパス。これに上手く反応したキエーザがダイレクトシュート。これが決まって、1-0先制。前半27分、ミシモビッチのポストプレー、イヴァン・コルドバからのロングフィードをヘディングで右へ。これを受けたキエーザがドリブル、そしてミドルシュート。これをゴール左隅に決めて、追加点。後半83分、ミシモビッチが前線へ長いスルーパス。これに反応し、飛び出したジェルソン・マグロンがシュート、これは飛び出してきたキーパーに遮られるが、このこぼれ球がメンディエタの前へ、これを無人のゴールにループシュートを決めて、3-0とする。
オランダカップ決勝進出。相手はPSVアイントホーフェンをPK戦で破った古豪アヤックス。

3月13日 コンバート報告 イェレミースが右WF、左WFの役割を上手くこなせるようになった。
3月13日 コンバート報告 ラウール・タムードが右WFの役割を上手くこなせるようになった。
3月14日 選手慰労
3月15日 若手教育 ポルタノヴァがロタンを教育

3月15日 エールディビジ 第23節 対NAC(アウェイ)
1-1 2位 勝ち点54 16勝6分1敗
24分(N)ブッシャー(セザール)
44分(F)ジェルソン・マグロン
前半24分、右サイド奥から手前に戻したところ、セザールがダイレクトで前線のブッシャーへ。これをブッシャーがダイレクトシュート。これを決められて、0-1先制される。前半終了間際44分、ジェルソン・マグロンが左サイドを抜け出し、パスを受け、ドリブル突破。そこから斜めにカットインして、ドリブルシュート。豪快なシュートがゴール右隅に決まって、1-1同点に追いつく。しかし、逆転は出来ず、このまま終了。
とうとうPSVアイントホーフェンに首位の座を譲る。

3月16日 能力アップ SMFロタンが能力アップした。
3月18日 コンバート報告 メンディエタが左SMF、左SBの役割を上手くこなせるようになった。

3月19日 欧州カップ 決勝トーナメント 準々決勝 第2戦 対FCトゥエンテ(アウェイ)
1-0
89分(F)ジェルソン・マグロン
前半、FCトゥエンテに決定的チャンスを与えるも、キーパーイタンジュの好セーブで無得点に抑える。一方、攻撃の方は相手の戦術にはまってしまったのか、シュート1本…。後半83分、相手CMFのダンスがこの日2枚目のイエローカードで退場。そして、終了間際の89分、CBベルマーからDMFイェレミース、そしてジェルソン・マグロンに渡り、ドリブル突破をはかり、そのままシュート。これが決まって、1-0先制点。このリードを守りきり、勝利。
欧州カップ準決勝進出。準決勝に進んだ4チームはフェイエノールト、テルフィー、Bムルテン、パルマ。準決勝の相手はテルフィー。

3月20日 コンバート報告 ジェラードがCFの役割を上手くこなせるようになった。
3月21日 コンバート報告 マグロニコがDMFの役割を上手くこなせるようになった。

3月22日 エールディビジ 第24節 対AZ(ホーム)
0-0 2位 勝ち点55 16勝7分1敗
いいところなし。何やってんだか。コリンズ・ジョンもここまでと言った感じ。スキルがないと厳しいなぁ。

3月25日 コンバート報告 ベルマーがCFの役割を上手くこなせるようになった。
3月27日 コンバート報告 アトゥバが右WF、左WFの役割を上手くこなせるようになった。
3月28日 コンバート報告 クーマンがCBの役割を上手くこなせるようになった。

3月29日 エールディビジ 第25節 対RKCヴァールヴィーク(アウェイ)
3-1 1位 勝ち点58 17勝7分1敗
43分(F)コリンズ・ジョン
65分(R)サルバ(ウタ)
75分(F)コリンズ・ジョン
85分(F)コリンズ・ジョン
前半終了間際43分、左に開いたOMFブッフェルからアウトサイドで中央のコリンズ・ジョンへグラインダーのパス。コリンズ・ジョンがこれを受けて、シュート。キーパー真正面で弾かれるが、再びコリンズ・ジョンの足下へ。これをダイレクトで何とか押し込み、先制点、1-0。コリンズ・ジョンは久しぶりのゴール…。
後半65分、中央のウタのドリブル。トッティのマークが一瞬はずれたところを前線のサルバへスルーパス。このパスを受けたサルバがきっちりときめて、1-1同点にされる。サルバは攻撃性の値も高く、しかもメンタリティの値が高いので決定力が高い…。これから要注意。後半75分、トッティのスルーパスにコリンズ・ジョンが上手く飛び出す。これを受けたコリンズ・ジョンがドリブルで突き進む。キーパーが出てきたところをいつもなら力任せのシュートを、フワリと浮かせたループシュート。これがキーパーの頭を越えて、ゴールに吸い込まれる。2-1、再び突き放す。後半85分、中央左をメンディエタがドリブル。ここから、アウトサイドで中央へパス。コリンズ・ジョンがこれを受けて、中央をドリブル。ディフェンダーを一人背負いながら、シュート。これが決まって、3点目。コリンズ・ジョン。まさかのハットトリック。出来る能力はあるが、まさかねぇ…。終了間際、コリンズ・ジョンがフリーで受けて決定的チャンスを迎えるが、やっぱり外してくれた。4点目が取れていたのに…。
PSVアイントホーフェンがデ・フラーフシャップに引き分けたため、再び首位に。

3月の移籍
OUT 3月12日 OMF マグロニコ(→バルセロナ)移籍金3億4000万円(7月1日移籍予定)

3月の戦績
6勝0敗2分 エールディビジ 1位
欧州カップ準決勝進出。オランダカップ決勝進出。どちらのタイトルも欲しい。

エールディビジ(3月末第25節終了)
□順位表
1位 フェイエノールト 勝ち点58 17勝7分1敗
2位 PSVアイントホーフェン 勝ち点57 17勝6分2敗
3位 AZ 勝ち点46 13勝7分5敗
4位 ヴィレムⅡ 勝ち点43 11勝10分4敗
5位 アヤックス 勝ち点43 12勝7分6敗
6位 FCトゥエン 勝ち点42 11勝9分5敗
7位 ヘーレンフェーン 勝ち点34 7勝13分5敗
8位 ローダJC 勝ち点33 8勝9分8敗
9位 デ・フラーフシャップ 勝ち点31 7勝10分8敗
10位 ユトレヒト 勝ち点30 7勝9分9敗

□ゴールランキング
1位 16点 ファン・スティーグ(ヴィレムⅡ)
2位 15点 コリンズ・ジョン(フェイエノールト)
3位 13点 バカヨコ(AZ)
4位 12点 クリスチアーノ(ローダJC)
4位 12点 クーレン(ヴィレムⅡ)
6位 11点 ヤコブス(FCトゥエンテ)
6位 11点 ヨーク(フィセッテ)
8位 10点 アルス(デ・フラーフシャップ)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム

欧州カップ予選勝ち抜け EWET 14-15シーズン 2月 フェイエノールト [EWET]

14-15シーズン フェイエノールト 2月

2月1日 若手教育 ポルタノヴァがロタンに対して指導開始。

2月1日 エールディビジ 第18節 対デン・ポッシュ(アウェイ
2-1 1位 勝ち点43 13勝4分1敗
9分(FEY)コリンズ・ジョン
13分(FDB)ル・プリス(ロレンツィーニ)
41分(FEY)ジェルソン・マグロン
試合開始早々の前半6分、相手ファウルでブッフェルが負傷。トッティチェンジ。連携値がまだまだ不安…。しかし、前半9分、このトッティがテクニックを見せつけ、ゴールまで、ディフェンダーを一人二人フェイントでかわしてシュート。とんでもない方向に蹴るが相手ディフェンダーにあたる。これがゴール前に転がり、このこぼれ球に上手く反応したコリンズ・ジョンがキーパーが触る前にシュート。これが決まって、1-0。
しかし、前半13分、相手キックオフから簡単にフォワードをフリーにしてしまい、ル・プリスに決められて、1-1同点。前半41分、トッティからのスルーパスに上手く反応したイェレミースが飛び出し、ボールを受けてドリブル。そのままシュート。これを相手キーパーが防ぐが詰めていたジェルソン・マグロンがこのこぼれ球を押し込み、2-1。再び突き放す。後半はお互い攻め手を欠いて、このまま試合終了。
ブッフェルのケガは幸いにも軽い負傷ですんだもよう。治療期間1週間。

2月1日 TV 相変わらず嫌みな中西哲生…。

2月4日 欧州カップ 予選第2ラウンド 第2戦 対Bレガークブーメン(ホーム)
1-0(3-2)
58分(F)ジェルソン・マグロン
前半はお互い決定力を欠き、得点できず。後半58分、メンディエタから、左サイドのジェルソン・マグロンへ。これを受けたジェルソン・マグロンがドリブルで一人かわして、そのまま左足で豪快にシュート。これがゴール右隅に決まって、先制点。この1点を何とか守りきり、試合終了。激戦でした。フェイエノールト、シュート数12(枠内8)、Bレガークブーメンシュート数4(枠内2)支配率は44:56。支配率の割には後半は1本しかシュートを打たせていないので、守備の勝利でした。
欧州カップ予選セカンドラウンド突破。大会賞金3億円獲得。これにより経営状態が少しだけよくなった…。まだ赤バーは5分の2程度残っている。

2月5日 コンバート報告 カフーが左SMF、左SBの役割を上手くこなせるようになった。
2月5日 コンバート報告 ジェラードがOMFの役割を上手くこなせるようになった。
2月5日 コンバート報告 ロタンが右WF、右SMFの役割を上手くこなせるようになった。

2月6日 TV取材(ダービー前)
2月7日 TV ダービー前の放送。嫌みな中西哲生も今回はフェイエノールトが勝つという。普通にすれば勝てそうです。これは突き放すチャンスかも。
2月7日 コンバート報告 イェレミースがOMFの役割を上手くこなせるようになった。

2月8日 エールディビジ 第19節 対PSVアイントホーフェン(ホーム)
0-0 1位 勝ち点44 13勝5分1敗
PSVのシュート6(枠内0)に対してフェイエノールトシュート8(枠内4)だが、支配率は59:41でかなり劣っていた。しかも、イエローカードが3枚も出されるという荒れた試合(フェイエノールト3枚)。相手のディフェンスを崩すことが出来なかった。
残念ながら、PSVアイントホーフェンを突き放すことは出来なかった。勝ち点差1のまま。

2月9日 コンバート報告 ベルマーがOMFの役割を上手くこなせるようになった。
2月9日 怪我完治 ブッフェルがチームに合流。
2月11日 コンバート報告 クーマンがDMFの役割を上手くこなせるようになった。
2月13日 コンバート報告 トッティが右WFの役割を上手くこなせるようになった。
2月14日 コンバート報告 クサンが右WFの役割を上手くこなせるようになった。

2月15日 エールディビジ 第20節 対デンハーグ(ホーム)
4-0 1位 勝ち点47 14勝5分1敗
21分(F)ミシモビッチ(メンディエタ)
49分(F)キエーザ
67分(F)メンディエタ(PK)
74分(F)ミシモビッチ
前半21分、右サイドからのスローイング。これを受けたイェレミースが中央へセンタリング。これをメンディエタがヘディングでペナルティエリア内のミシモビッチにパス。これをミシモビッチが左足で豪快にボレーシュート。これが、ゴール左隅に決まって、1-0先制。後半開始早々49分、カウンター。キエーザが上手く飛び出し。ボールをフリーで受ける。それをドリブルで突き進み、そのままシュート。これが決まって、2-0。突き放す。後半67分、ペナルティエリア内でミシモビッチが倒されて、PKを得る。これをPKキッカーメンディエタがしっかりと決めて、3-0。後半74分、OMFにポジションを移したメンディエタから前線にスルーパス。これにミシモビッチが上手く反応。キーパーが出てきたところを、ちょっとだけ浮かせたループシュートをゴール中央に決めて、4点目。
相手チームのシュートを1本(枠内0)に抑えた完勝です。気持ちいい。17位相手だから当たり前と言えば、当たり前…。

2月19日 ナショナルチーム選出
2月25日 ナショナルチーム解散

2月の移籍
IN 2月4日 CF アンリ(←アーゼガム)フリー・2年契約・1億9000万(7月1日加入予定)
IN 2月4日 CF ファン・ニステルローイ(←マクレスターU)フリー・5年契約・1億5000万(7月1日加入予定)
IN 2月5日 SB ロベルト・カルロス(←アトレティコ・マドリー)フリー・5年契約・2億(7月1日加入予定)
IN 2月6日 OMF ネドベド(←ユベントス)フリー・5年契約・5500万(7月1日加入予定)
OUT 2月16日 GK キリカス(→アヤックス)移籍金2億(7月1日移籍予定)

2月の戦績
3勝0敗1分 エールディビジ 1位
欧州カップ予選は勝ち抜け。

エールディビジ(2月末第20節終了)
□順位表
1位 フェイエノールト 勝ち点47 14勝5分1敗
2位 PSVアイントホーフェン 勝ち点46 14勝4分2敗
3位 AZ 勝ち点36 10勝6分4敗
4位 ヴィレムⅡ 勝ち点35 9勝8分3敗
5位 FCトゥエン 勝ち点34 9勝7分4敗
6位 アヤックス 勝ち点31 8勝7分5敗
7位 ヘーレンフェーン 勝ち点29 6勝11分3敗
8位 ローダJC 勝ち点29 7勝8分5敗
9位 ユトレヒト 勝ち点27 6勝9分5敗
10位 フローニンヘン 勝ち点23 4勝11分5敗

□ゴールランキング
1位 15点 ファン・スティーグ(ヴィレムⅡ)
2位 11点 コリンズ・ジョン(フェイエノールト)
3位 10点 バカヨコ(AZ)
3位 10点 クリスチアーノ(ローダJC)
5位 9点 ヨーク(フィセッテ)
5位 8点 キエーザ(フェイエノールト)
5位 8点 アルス(デ・フラーフシャップ)
5位 8点 ヤコブス(FCトゥエンテ)
5位 8点 ルベン・オリベラ(FCトゥエンテ)
5位 8点 レイニエ(PSVアイントホーフェン)
5位 8点 クーレン(ヴィレムⅡ)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム

エールディビジは結構楽かも?! EWET 14-15シーズン 1月 フェイエノールト [EWET]

14-15シーズン フェイエノールト 1月

1月1日 選手加入 CF トッティ 移籍金10万・年俸6000万・16歳
1月1日 選手加入 CMF ジェラード 移籍金10万・年俸1億・16歳
1月1日 選手加入 SMF ロタン 移籍金10万・年俸4000万・17歳
1月1日 選手加入 SMF カフー 移籍金1億8000万・年俸3500万・23歳
1月1日 選手加入 CF クサン 移籍金10万・年俸5000万・16歳
これからコンバート頑張ります。

1月4日 コンバート報告 イェレミースがSWの役割を上手くこなせるようになった。
1月4日 コンバート報告 クーマンが両SBの役割を上手くこなせるようになった。
1月4日 コンバート報告 サロモン・カルーがCFの役割を上手くこなせるようになった。

1月6日 コンバート報告 ベルマーがSWの役割を上手くこなせるようになった。

1月18日 エールディビジ 第16節 対フローニンヘン(ホーム)
2-0 1位 勝ち点37 11勝4分1敗
40分(F)コリンズ・ジョン(キエーザ)
67分(F)ジェルソン・マグロン
前半40分、左サイド、ジェルソン・マグロンからのセンタリングにキエーザが頭で中央のコリンズ・ジョンへ折り返し、これをコリンズ・ジョンが足でトラップ。高く上がったのでミスかと思ったが、これをヘッドでボールをコントロールして、キーパーの逆側へシュート。これがゴール左隅に決まって、1-0先制。
後半67分、センターサークル付近からメンディエタが、トップ下のミシモビッチにパス。これをワンタッチで左ウイングのジェルソン・マグロンへ。これを受けたジェルソン・マグロンが前方へドリブル。ペナルティエリアに入ったところで、このままシュート。強烈なシュートがキーパーをかすめて、右隅に決まる。2-0。このあと、期待の若手、トッティ、ジェラード、カフーを投入、やっぱり、連携が全然…。何とか守りきり、このまま終了。

1月21日 欧州カップ 予選セカンドラウンド 第1戦 対Bレガークブーメン
2-2
7分(F)キエーザ(コリンズ・ジョン)
32分(B)メザグ
49分(B)バロス(ドノバン)
75分(F)ジェルソン・マグロン
試合開始早々7分、センターフォワード、コリンズ・ジョンのポスト・プレーから前線へスルーパス。これに右ウイングに入っているキエーザが上手く反応し、キーパーより早くボールに触れ、これをゴールにねじ込む。1-0先制。しかし、前半30分、右サイドバックのパブロ・ムニョスがレッドカードをもらって、退場。苦しい展開に。その直後の前半32分メザクにミドルシュートをディフェンダーがクリアしたボールを拾われて、相手OMFのメザグにゴール前22mからグラインダーのミドルシュートを決められる。ロスタイム、ジェルソン・マグロンがゴールを決めたと思われたが、これがオフサイドの判定。前半終わって、1-1。
後半開始早々49分、相手チームがダイレクトプレーで中央から前線に。ゴール前でフリーになった相手フォワード場ロスにボールが渡り、ダイレクトシュート。これがゴール左隅に決まって、1-2、逆転される。後半75分、キエーザに変わって、右サイドに入ったカステレンから中央へクロス。これをコリンズ・ジョンがシュートを放つがキーパーに弾かれる。しかし、ここに詰めていたジェルソン・マグロンがこのこぼれ球をゴールに押し込み、2-2同点。ここからも怒濤の攻めを見せるが、ゴールには至らず、2-2同点で終了。
やはりレッドカードは痛い…。

1月24日 選手慰労
1月25日 コンバート報告 イヴァン・コルドバがSWの役割を上手くこなせるようになった。

1月25日 エールディビジ 第17節 対NEC(アウェイ)
2-0 1位 勝ち点40 12勝4分1敗
56分(F)メンディエタ(ジェルソン・マグロン)
60分(F)メンディエタ(ジェルソン・マグロン)
前半開始早々、相手チーム左サイドバックレポッシオがレッドカードをもらって退場。左サイドアタック中心で攻め続けるが、決定力なく、前半は0-0で終了。後半に入り、左からの攻撃がかなり機能し始めてくる。後半56分、センターサークル手前からのフリーキック。これを前線のジェルソン・マグロンが受けて、ペナルティエリアライン手前左でドリブルキープ。そこに後ろから飛び出してきたメンディエタにパス。これが通り、そのまま左足でシュート。ゴール右隅に決まって、1-0。後半60分、リスタートのキックオフを奪取後、早い攻撃を見せる。前線のコリンズ・ジョンがアーリークロスを受けて、ドリブルディフェンダーを二人引きつけて、左サイドフリーのジェルソン・マグロンにパスを流す。このボールを受けて、ジェルソン・マグロンが中央へセンタリングをあげる。ここに待っていたのは、メンディエタ。左足でダイレクトシュート。キーパー一歩も動けず、ゴール右隅に吸い込まれる。2-0。相手にはシュートを1本も打たせず、完勝。

1月の移籍
IN 1月26日 CF ラウール・タムード(←エスパニョール)移籍金10万円 5年契約 年俸4500万・17歳
OUT 1月21日 WF サロモン・カルー(→サムバンクホン)移籍金2億1000万
OUT 1月26日 DMF フィルコ(→ノースラックC)移籍金1億4000万円

1月の戦績
2勝0敗1分 エールディビジ 1位
欧州カップ予選は勝ち抜きたい。

エールディビジ(1月末第17節終了)
□順位表
1位 フェイエノールト 勝ち点40 12勝4分1敗
2位 PSVアイントホーフェン 勝ち点39 12勝3分2敗
3位 AZ 勝ち点30 8勝6分3敗
4位 ヴィレムⅡ 勝ち点28 7勝7分3敗
5位 FCトゥエン 勝ち点28 7勝7分3敗
6位 ヘーレンフェーン 勝ち点23 5勝10分2敗
7位 ローダJC 勝ち点22 6勝7分4敗
8位 テユトレヒト 勝ち点21 5勝9分3敗
9位 アヤックス 勝ち点20 5勝7分5敗
10位 フローニンヘン 勝ち点20 4勝9分4敗

□ゴールランキング
1位 12点 ファン・スティーグ(ヴィレムⅡ)
2位 10点 コリンズ・ジョン(フェイエノールト)
3位 9点 バカヨコ(AZ)
3位 9点 クリスチアーノ(ローダJC)
5位 7点 キエーザ(フェイエノールト)
5位 7点 アルス(デ・フラーフシャップ)
5位 7点 ルベン・オリベラ(FCトゥエンテ)
5位 7点 ヨーク(フィセッテ)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム

ついに首位! EWET 14-15シーズン 12月 フェイエノールト [EWET]

14-15シーズン フェイエノールト 12月

12月2日 コンバート報告 ポルタノヴァが左SMF、左SB、右SMFの役割を上手くこなせるようになった。
12月3日 コンバート報告 ポロブスキーが左SMF、左SB、右SMFの役割を上手くこなせるようになった。
12月4日 コンバート報告 ファンニがCBの役割を上手くこなせるようになった。
12月5日 契約更新 SMF パブロ・ムニョス 2年契約 8000万
12月6日 コンバート報告 ジェルソン・マグロンが右WF、右SMF、左WFの役割を上手くこなせるようになった。

12月7日 エールディビジ 第13節 対ヴィレムⅡ(アウェイ
2-0 2位 勝ち点28 8勝4分1敗
16分(F)キエーザ(コリンズ・ジョン)
47分(F)コリンズ・ジョン(メンディエタ)
前半16分、メンディエタから前線のコリンズ・ジョンへ。そこからワンタッチでキエーザに流す。そのボールをキエーザがドリブルシュート。これが決まって、1-0先制。後半開始早々47分、メンディエタからの左コーナーキック。これをコリントジョンが頭でドンピシャ合わせて、2点目。
いい試合でした。この調子で頑張って欲しいです。

12月11日 コンバート報告 コリンズ・ジョンが右WFの役割を上手くこなせるようになった。
12月12日 コンバート報告 イヴァン・コルドバがCMFの役割を上手くこなせるようになった。
12月13日 コンバート報告 ペルナが右SBの役割を上手くこなせるようになった。

12月14日 エールディビジ 第14節 対フィテッセ(ホーム)
2-1 2位 勝ち点31 9勝4分1敗
7分(V)ヨーク(コルスタム)
20分(F)ミシモビッチ
22分(F)キエーザ
VIP観戦。
7分、相手右サイドコルスタムから、中央へグラインダーのパス。これを相手フォワード、ヨークがフリーで受けて、そのままシュート。これが決まって、0-1。先制される。20分。左サイドスローイングから26番が受けて、中央へセンタリング。これをキエーザがアウトサイドでバックパス。これをジェルソン・マグロンがゴール前にパス。これをメンディエタがアウトサイドでシュートするが、ディフェンダーに当たる。そのこぼれ球がミシモビッチの前へ。これをダイレクトでシュート。ゴール左隅に決まって、1-1同点。22分、再びキックオフから、メンディエタがボールをカット。これを前のミシモビッチへ。ミシモビッチがボールを受けて、ドリブル。ディフェンダーを一人交わして、前線へスルーパス。キエーザが上手く飛び出して、ダイレクトシュート。これは相手キーパーが上手く反応するが、キーパーが弾いたところを、キエーザがキーパーを飛び越しながら、前へトラップ。これを再びシュート。これが決まって逆転2-1。後半はお互い攻め手にかけて、このまま終了。
VIP観戦で勝利したので、追加の人事資金1億6000万円獲得。しかし、赤バーが5分の2ぐらいまで伸びた。

12月17日 契約更新 SM Fアトゥバ 2年契約 1億2000万

12月21日 エールディビジ 第15節 対ユトレヒト(アウェイ)
1-0 1位 勝ち点34 10勝4分1敗
7分(F)コリンズ・ジョン(
前半7分、センターサークル付近のメンディエタから前線へグラインダーのパス。これをコリンズ・ジョンがペナルティエリアライン上でフリーで受けて、振り向きざまにシュート。これがゴール左隅に決まって、1-0先制。後半終了間際、相手に攻められるが、何とか守りきり、勝利。この勝利でエールディビジで勝ち点1点差で首位に立つ。

12月27日 コンバート報告 ミシモビッチが右WFの役割を上手くこなせるようになった。
12月28日 コンバート報告 ブッフェルが右WFの役割を上手くこなせるようになった。
12月30日 コンバート報告 キエーザがDMFの役割を上手くこなせるようになった。

12月の移籍
IN 12月23日 DF カフー(←その他クラブ)移籍金1億8000万・5年契約・年俸5000万・23歳

12月の戦績
3勝0敗0分 エールディビジ 1位
辛勝が多いが、勝ちは勝ち。おかげでエールディビジ首位に。一月に3試合だとかなり楽です。

エールディビジ(12月末第15節終了)
□順位表
1位 フェイエノールト 勝ち点34 10勝4分1敗
2位 PSVアイントホーフェン 勝ち点33 10勝3分2敗
3位 AZ 勝ち点27 7勝6分2敗
4位 FCトゥエンテ 勝ち点25 6勝7分2敗
5位 ユトレヒト 勝ち点23 5勝8分2敗
6位 ローダJC 勝ち点23 6勝5分4敗
7位 ヴィレムⅡ 勝ち点22 5勝7分3敗
8位 ヘーレンフェーン 勝ち点21 4勝9分2敗
9位 フローニンヘン 勝ち点20 4勝8分3敗
10位 アヤックス 勝ち点20 5勝5分5敗

□ゴールランキング
1位 10点 ファン・スティーグ(ヴィレムⅡ)
2位 9点 コリンズ・ジョン(フェイエノールト)
3位 8点 バカヨコ(AZ)
3位 8点 クリスチアーノ(ローダJC)
5位 7点 キエーザ(フェイエノールト)
6位 6点 ヨーク(フィセッテ)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。